カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

100tomo

Author:100tomo
2007年に結婚。長~いOL生活を脱出し
2011年3月に待望の第一子を出産♪
今は家庭中心の日々を送っています。

久保田利伸さん, Luther Vandross, Stevie Wonder,
Ne-Yo, Beyonce・・・Black Musicを中心に音楽全般大好きです♪
奈良出身の旦那様に影響されてか ココ最近は仏像
(特に薬師寺の日光・月光菩薩)や、神社仏閣にも興味津々。
和の文化の素晴らしさを改めて見直しつつ、
本場関西のお笑いにもすっかりハマっています。

ドタバタの育児の様子などもupしていきま~す!
ホント、子育てって大変やわ~。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


missing

missing ・・・敬愛してやまない久保田利伸さんの名曲ではなく、
うちの愛息のことです。

息子の通う学校では集団下校をしており、引率の先生を筆頭に
新一年生たちが列をなして、解散場所まで帰ってきます。
いつもは私を見つけると一目散に駆け寄ってきて抱きついてくる息子が
待てど暮らせどその姿を現さず・・・
ついにそのグループの中にいないことが判明!!!

即、先生に状況をお伝えし、二人して猛ダッシュで通学路を引き返しました。
ところがどの道にも息子らしき姿を見つけることができません。
そのまま学校まで戻り、先生に確認してもらうも
息子の上履きはきちんと下駄箱に入っており、新一年生は
一人も残っていないとのことでした。

心臓バクバクのまま、改めて先生と解散場所まで戻りました。
途中二手に分かれたものの、結果は同じ。どこにも見当たりません。
そして、自宅へ戻っている可能性にかけ、息子の名前を呼びかけつつ
マンションへ向かいました。

マンション前までたどり着くと、東側の外階段から人の気配がして
息子がひょっこり顔を出したのです。

居たーーーっ!!!
やっとやっと再会することができました!!!
いやー、もう、オバちゃん(先生、失礼!)二人して、ガクっと力が
抜けました。膝から崩れ落ちそうでした。
心臓はまだバクバクのままです。
発作が起きてもおかしくないくらいのレベルでした、、、

自宅へ戻り、気持ちを落ち着かせてから、いきさつを聞いて
みました。
すると、お友達になったばかりの女の子に
「ヒミツの道があるよ♪」と誘われて、グループから
外れてしまったらしいのです。
その子のおうちは途中にあり、無事、そのままお家へ帰って
いったそうで、一人取り残された息子は、記憶を頼りに解散場所
までたどり着いたものの、私達と入れ違いになってしまったため、
一人でマンションまで戻ってきたとのことでした。

「ヒミツ」って言葉は好奇心旺盛な子供にとっては
魔法の言葉ですよね。
うちの息子はまんまと乗っかってしまったわけです。

行きは私の手を一瞬たりとも離さず、わき目も降らずに
そばにくっついているのに、帰りはこんな大胆な行動をとって
しまうのですから、子供はまったくもって予測不能。
寿命の縮まる思いでした。
というか・・・2,3年は確実に縮まった気がします。
20~30本一気に白髪が増えたことでしょう。
もう少しでマリーアントワネットになるところだったわ。

比較的治安のよい地域とは言え、何らかの事故や事件に
巻き込まれるリスクは決してゼロではないので、
今日の出来事を教訓に 息子への意識付けを徹底し
何らかの対策を講じなければと肝に銘じました。

いや~~~ 無事に帰ってこられて本当によかった。
今日くらい息子の寝顔が愛おしいと思った日はないくらい。
無事、再会できてよかった。

入学からわずか一週間足らず、週半ばにして疲労困憊。
こんな形で先生に顔を覚えられてしまった、、、アチャー!

もう何も考えず、今夜は早く床に就こう。


100tomo









スポンサーサイト
先週より小学校がスタートした愛息ですが
予想以上に、新生活への拒否反応を示しています (;д;)

毎朝、布団から起き上がって開口一番
「おかーちゃん、ボク 1つおはなしがあるんだけど・・・
ボクね、、、きょう がんばれる気がしない・・・」

なんと後ろ向きな目覚め!!!

その瞬間から なだめておだてて、時に変な踊りを披露するのも厭わず
息子の気持ちを盛り上げるためのオカンのルーティンワークが
始まるのです。

やっとの思いで、家を一緒に出て学校へ向かうも
下駄箱の手前ギリギリまで握った手を離さず
クラスメートの女の子の挨拶にも全く耳を傾けようともしません。

愛息がダンマリを決め込んでいるので、オカンが代わりに女の子と
おしゃべりして、お友達2人できました(笑)

最後は今にも泣きそうな表情を浮かべながら、無言で人差し指を頬に当て
「チュー」のおねだり。
やわらかなほっぺにチューをして、愛息からお返しチューをもらい、
やっと手を解放してもらい、玄関へ入っていく姿を見送る。
そして、外から教室を覗き込み、息子が上級生に促されながら席に着き
ランドセルを下すのを見届けて、手を振ってから、帰路に就く。これもルーティン。

甘やかしすぎたのか、ただのヘタレなのか。

就寝時のゴロンちゃん(=膝枕)も学校が始まるまで と自ら宣言したものの
「だって、ゴロンちゃんはきもちいいし、ゴロンちゃんないと
ボク さみしいんだもん・・・」の一言であっさり撤回。

やっぱり甘いのか・・・
まず私が子離れしないといけないのかな。

新生活はオカンにとっても一つの試練の始まりですね。

100tomo







長いことブログを放置していました。

その間、愛息は3年にわたる幼稚園生活を終え、
4月から晴れて小学生となりました。

長いようであっと言う間の3年間でした。
特に最後の1年は、クラスの係と謝恩会の準備との
二足の草鞋で、怒涛の日々。
人の裏表や 嫌なところもいっぱい見せつけられ
悩んだり、どよ~んと落ち込んだこともありましたが
最終的には コミュニケーションの大切さや、他者への寛容さを
身につけることの大切さを改めて学ばせてもらう機会になりました。
人生、日々勉強の連続ですな。

長いこと無駄にOL生活を続けてきたと思っていましたが、
その間身につけたPCスキルや、プロジェクトの取り組み方や進め方
などがとっても役に立って、無駄な経験など一つもないんだということも
身をもって知った次第です。

大変なことを一緒に乗り越えたママ友とはすっかり打ち解けて仲良く
なれたし、まぁ、終わり良ければ総て良し ですな。

そんなこんなで、息子の新生活スタートを機に
オカンもブログをリ・スタートします。

ボチボチがんばっていきます。

100tomo

5歳の愛息はとにかく着る物、肌に触れる物へのこだわりがひどいのです。

下着、肌着、パジャマ用にしているTシャツなど直接肌に触れるものは
靴下以外、すべてオーガニックコットン。
裏側についているタグや製品/洗濯表示はたとえ布製であっても
購入後すぐにキレイに切り離さなければなりません。
靴下も肌着ほどの強いこだわりはないものの、『縫い目』にはうるさく
刺繡がたくさん入っているものは好みません。

そんな息子にとって、一番の天敵は幼稚園指定の体操服。
週2日ほど体操服で登園しなければならない決まりなのですが
この日は朝からずっとブルーです。

夏場は綿100%の運動用シャツ+ジャージの短パン
シャツは綿100%だし、ごくごく普通のデザインなので、特にノークレームで
いけそうな雰囲気なのですが、どうも胸に付けたゼッケンのせいで
裏側からの肌触りが悪いようで(肌着を着てはいるのですが)
嫌っています。
あと、微妙にウエストが締まっているところや、綿素材なのに
肌へのなじみ感がいまひとつのようで好きではないようです。


短パンもなんてことはないごくごく普通のジャージ素材なのですが
元々短パンがお気に召さないことも手伝ってか
隙あらば脱ごうとします。パン1の方が断然好きらしいです。

それでもまだ夏場はましです。 最悪は秋~冬場です。
上下共に、メッシュ素材のジャージなのですが
大人でも「おや?」と思うほど、素材が荒く、ゴワゴワ。
無難な紺やエンジでまとめてくれていたら、まだ見栄えは
よかったのですが、紫と水色の中間のような不思議な色み。
要はとても田舎臭い仕上がりなのです。
 
年少~年中時代と「こんなの着たら、かっこわるいって言われるーーーっ!!!」
と週2日は必ず号泣していました。。。

運動系の行事以外でも、園外保育の際は着なくてはならない時があり
「たいそうふく イヤーーーっ!!!」と闘わなくてはならないのです。

でもこの週2日体操服制度は、とても不思議なのです。
週1日は体操教室を実施するために着なくてはならず、正当な理由があるのですが
もう1日は特に明確な理由がありません。とにかく最初からそう決まっている!という
謎の強制力発動。

なので、息子が病み上がりの時など、少しメンタルをカバーしてあげたい日には
「おかーちゃんが うっかりしたことにしてあげる」と私服を着せて行くこともあります。

これに味をしめたのか、時折、息子がこっそり耳打ちしてきて
「おかーちゃん、今日もおかーちゃんがうっかりしたことに
しといてくれない?」と交渉を開始します。

こういうことには頭が回るのね・・・苦笑

そんな体操服を着ての運動会もあと今年がラスト!!!
徒競走に鼓笛に組体操にリレー 盛りだくさんだけど
どれもいっしょうけんめいに頑張ってほしいな (^^♪

100tomo












愛息 中耳炎2日目の深夜の出来事。

「おかーちゃん、おみみがまた痛くなっちゃった・・・」

前夜ほぼ徹夜状態だったため、死んだように寝ていた私ですが
この魔の一言に飛び起きました。
すると愛息は

「でもガマンできなくはない・・・」

と続けて、私の横にドサッと突っ伏し、再び寝息を立てて眠り始めたのです。

「えーーーっ!!!」
しばし頭が真っ白になったオカンでありました。
深夜にポッツーーーン。

いーくん、お願いしますよーーー!!!

100tomo

 | ホーム |  前のページ»»