FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

100tomo

Author:100tomo
2007年に結婚。長~いOL生活を脱出し
2011年3月に待望の第一子を出産♪
今は家庭中心の日々を送っています。

久保田利伸さん, Luther Vandross, Stevie Wonder,
Ne-Yo, Beyonce・・・Black Musicを中心に音楽全般大好きです♪
奈良出身の旦那様に影響されてか ココ最近は仏像
(特に薬師寺の日光・月光菩薩)や、神社仏閣にも興味津々。
和の文化の素晴らしさを改めて見直しつつ、
本場関西のお笑いにもすっかりハマっています。

ドタバタの育児の様子などもupしていきま~す!
ホント、子育てって大変やわ~。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ここ最近、トイレの水の調子がイマイチかも・・・と気になっていました。
が、旦那様に聞いても 実感ゼロ。
実家の母が来て、「変」と即、指摘を受け、『不調確定』に!
完全故障してからではどうしようもないため、すぐ管理事務所へ連絡し
業者さんと日程調整しました。

経年劣化による不具合や、簡単な部品交換であれば無償。
あきらかに使用者による故意の不具合が判明した場合には
実費になると事前アナウンスを受けました。
帰省しちゃったし、新築祝いも2件あり、今月ピーピー状態。
ドキドキしながら業者さんを待ちました。

業者さん来訪。 タンクの蓋を開けた直後に現場へ呼ばれて
部品交換のみ、無償の範囲内で工事ができる旨説明を受けました。
ホッ。。。助かった~♪
そして20分足らずで、無事、工事完了しました!
これで安心して使える~♪

とっても親切な業者さんで、ついでにトイレの『大・小』レバーの正しい
使い方を教えてもらいました。
てっきり成果物(笑)の種類で区別するものだと思い込んでいたのですが、
どうも『小』では万が一のリスクがあるため、なんとはなしに『大』を使っていました。

トイレットペーパー(固形物)の有無により『大・小』それぞれ水量設定をしているそうです。
トイレットペーパーを使ったら『大』。使わなければ『小』ってことなんですって。
恥ずかしながらこの年で初めて知りました。
これからは毎回、罪悪感ゼロで『大』のレバーを引けるわけですね。

アハハ♪

100tomo



スポンサーサイト



自分では与えられた役割や仕事には真面目にがんばるタイプの
つもりですが、ちょいちょいポカをやります。

ポカその1
学校公開日(授業参観日)を間違える

月に1度土曜授業の日があるのですが
毎回参観日だと思っていました。
つい先日も、旦那様を伴い、学校へ行ったところ
保護者nothing キッズonly

それでも「二回目だからみんな出だしゆっくりなんだね~」
なんてボケ倒しておりました。
堂々の一番乗り面で教室前の廊下に立っていると
担任の先生が不思議100%顔で近寄ってくる。
「今日は公開日ではありませんよ~」

ここぞとばかりに「なんで来たの? 間違えちゃったの?
なんで? どうして?」とキッズからの執拗なまでの口撃スタート。

「せっかくなので、朝のお仕度の時間を見ていってあげてください」との
先生の温情に感謝し、しばし廊下から眺めていましたが
次から次へとキッズが話しかけにくるので、邪魔になると判断し
早々に退散しました。
旦那様、ごめんなさい。。。


ポカその2
買い物メモ

愛息を朝、見送って、朝顔を眺めていると
水遣りをしていた担任の先生がやおらポケットから
皴しわのメモ一片を差し出されました。
「これ、お忘れではありませんか?」

よーく見ると、見慣れた字。
『小松菜、人参・・・ いーくんスイーツ・・・』
間違いない!昨日の買い物メモだっ!

愛息の名前が書いてあったので、私のメモだとすぐ判明した
というわけです。

昨日、ポケットに入れたまま保護者会に出席し
落としたものと思われます。

あー、恥ずかしい!!!やってもうた!!!
『ひき肉200g』 が特に恥ずかしかったわ、、、

旦那様にLINEしたら
「今度から、うちでは 『ひき肉』 を 『黒毛和牛』 と呼ぼうか」と(笑)
隠語・・・ですな。


100tomo









愛息と朝顔

小学校で朝顔の栽培が始まりました。

たまたま小学校へ出向いたときに
水遣りをしている場面を見られました。

うちの愛息も 家から持参したペットボトルに水を汲んで
楽しそうにせっせと水遣りをしていました。

幼稚園では種が悪かったのか、日当たりの問題なのか
一向に芽が出ず
「おかーちゃん、ボクの朝顔 ずっと茶色のままなの・・・」と
毎日がっかりして帰ってきた息子。
あまりにしょげているので、別の種を買ってきて、
すり替えようか?と本気で思ったほどです。

ある日の朝、病院立ち寄りでたまたま園まで送り届けた時に
英語のレッスン中にもかかわらず、担任の先生お二人が
教室から飛んで出てきて
「いーくん!いーくん! お母さんに鉢を見せてごらん!!!
芽が出たよ!!!」と教えてくださり
親子で狂喜乱舞した思い出があります。
ちいさなちいさな芽を 愛おしそうに眺めていた息子。
あの時の幸せいっぱいの息子の横顔が
今でも脳裏に焼き付いています。

そんな強い思い入れのある朝顔でしたから
まだ十分に成長していない状態で持って帰ってきた時には
半端ないプレッシャーでした。
朝顔ってそんなに大変じゃないよね? 誰でも簡単に
花を咲かせられるよね?とベランダへ出るたびに
自問自答していました。

満開で一番美しい姿を見られるのが早起きオカンの
特典でした。
愛でるだけでなく、花びらを押し花にしたり、お水を加えて
擦って、きれいな朝顔色のお水をつくり、絵に色をつけたり、
親子でいろいろ楽しませてもらいました。
芽が出るのが遅かった分、他のお友達が
全部咲き切った後もしばらく楽しませてもらいました。

今度はどうかな?
みんなと同じタイミングで芽が出るかしら?
きっとまたキレイな色の花を咲かせてくれるでしょうね。
いーくん 水遣りがんばってね♪

おかーちゃん また楽しみが一つ増えました。

100tomo











長いことブログを放置していました。

その間、愛息は3年にわたる幼稚園生活を終え、
4月から晴れて小学生となりました。

長いようであっと言う間の3年間でした。
特に最後の1年は、クラスの係と謝恩会の準備との
二足の草鞋で、怒涛の日々。
人の裏表や 嫌なところもいっぱい見せつけられ
悩んだり、どよ~んと落ち込んだこともありましたが
最終的には コミュニケーションの大切さや、他者への寛容さを
身につけることの大切さを改めて学ばせてもらう機会になりました。
人生、日々勉強の連続ですな。

長いこと無駄にOL生活を続けてきたと思っていましたが、
その間身につけたPCスキルや、プロジェクトの取り組み方や進め方
などがとっても役に立って、無駄な経験など一つもないんだということも
身をもって知った次第です。

大変なことを一緒に乗り越えたママ友とはすっかり打ち解けて仲良く
なれたし、まぁ、終わり良ければ総て良し ですな。

そんなこんなで、息子の新生活スタートを機に
オカンもブログをリ・スタートします。

ボチボチがんばっていきます。

100tomo

夏の厄介者

息子を身ごもった時に、住み慣れた郷里を離れ
より子育てしやすくお財布にもやさしい町へ
引っ越すことを決めました。
実際に越したのは11月下旬。 銀杏並木が見事に色づいていた時期です。

駅近だし、目の前は公園だし、とっても良い環境だと思っていました。

・・・が、夏場こんなに悲惨とは!!!

とにかく虫がすごい!特に今の時期はセミ!せみ!蝉!!!

朝、ゴミ出しする時は、ゴミ袋を持って出る前に必ず一連の儀式を行います。
まず、傘立てに置いてある長ーーーい棒と子供の傘を手に持って
外廊下を偵察するのです。
すると確実に2~3匹はひっくり返ったセミが転がっています。

セミが厄介なのは、死んだふりをするところ。
もうこれはいくら何でも死んでいるだろうと安心しても
ある日ある時突然、ものすごい音と共に羽をバタバタと高速回転させ
あっちこっちぶつかりながら、時にはこちらに体当たりしながら
残り僅かな力を振り絞って空へ羽ばたいていくのです。
2~3日、ほぼ体の全面を水に浸して腹部分を見せていたセミが
突然復活し、目の前をかすめて飛んで行った時には
腰を抜かしそうになりました。

いくらセミが嫌いでも、無駄な殺生は絶対にしません。
棒の先をセミにつかませ、ぶら~んとぶら下がったところで
格子の隙間から、外へ放つのです。
棒につかまる余力も残っていないセミは極力、遠いところへ
移動させ、往来に支障が出ないようにします。

この時、大事なのは、羽ばたいたセミが体当たりして来るのを
防ぐこと!!!
ココで物を言うのが、愛息の傘。
一部分が透明になっているので、傘を開き、透明部分で
セミを確認しつつ、できる限り近づき、作業に当たります。
万が一、こちらに向かってきたとしても、傘が大きな壁となって
体当たりを防いでくれるわけです。

この様子を向かいのマンションの人が見ていたら
どんなに怪しい図か・・・。
でもそんなことは一々気にしている余裕はありません。

そして、毎朝毎夕、洗濯物を干して取り込む際にも
この一連の作業が行われることがあります。

夏場に内覧にきていたら、間違いなく、この土地を選ばなかった
でしょうね。

春は、旦那様の花粉症がえらい大変だし・・・

早く秋にな~~~れ♪♪♪


100tomo








 | ホーム |  前のページ»»