FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

100tomo

Author:100tomo
2007年に結婚。長~いOL生活を脱出し
2011年3月に待望の第一子を出産♪
今は家庭中心の日々を送っています。

久保田利伸さん, Luther Vandross, Stevie Wonder,
Ne-Yo, Beyonce・・・Black Musicを中心に音楽全般大好きです♪
奈良出身の旦那様に影響されてか ココ最近は仏像
(特に薬師寺の日光・月光菩薩)や、神社仏閣にも興味津々。
和の文化の素晴らしさを改めて見直しつつ、
本場関西のお笑いにもすっかりハマっています。

ドタバタの育児の様子などもupしていきま~す!
ホント、子育てって大変やわ~。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


出産前に更新して以来、7ヶ月以上ぶり。。。
だいぶご無沙汰してしまいました。

3月13日(日)15:59 2600gの赤ちゃんが生まれました!!!

いや~~~、予想外の展開でした。

3月11日。東日本大震災当日に予定日超過のため管理入院。
地震が発生したのは、お腹を丸出しにしてベッドに横たわり
入院前の診察を待っている時でした。

突然、照明や医療器具が音を鳴らして揺れ始め、
船に乗っているかのような大きなゆったりとした揺れ。
そしてだんだん強さを増し、部屋の壁に亀裂が
入りました。
コレはえらいこっちゃ!

院内バタバタ&世の中が未知の不安に包まれ、
余震が度々起こる中、初めての出産を迎えることに。

12日夜中から陣痛らしきものが始まり分娩室へ移動。
着替えなどを済ませていよいよかと待機していましたが
なかなか陣痛が強くならない。。。
朝を迎え、陣痛が強くなってきたーーーっ!!!と
次の瞬間、モニタリングしている赤ちゃんの心拍が
降下し始めました。。。
急いでナースコールを押し、バタバタと処置。
すぐに赤ちゃんの心拍は戻りました。
ふーーーっ、、、ビビッターーー!!!何これ???

そのまま経過観察。
実家の母と旦那様も駆けつけますが
ひたすら経過観察。

状態が変わらないので母を一旦、帰宅させた直後、
またもや強い陣痛の直後に赤ちゃんの心拍が降下。
それも今度は急降下。しかも上昇しない!!!
警告音を聞きつけた看護師さん、助産師さん、
ドクターが一斉に部屋に飛び込んで来て
「カイザー!カイザー!(帝王切開)」と言葉が
飛び交います。

私は四つんばいにされ、酸素マスクをはめられ
緊急帝王切開に向け、同時進行でいろいろな
準備が進められました。

この時のことは今、思い出しても心臓がドキドキします。
「もしかして赤ちゃんが・・・」と最悪の事態が
頭の中を駆け巡りました。
ちょうど院内にいた主治医のドクターが駆けつけてくれて
「大丈夫ですよ、大丈夫ですよ」と励ましながら
手を握ってくれた瞬間、涙がポロポロ流れてしまいました。

全ての準備が整い、手術室へストレッチャーで移動。
手術室のすぐ手前で母と様子を見に来てくれた伯母の
姿が見えました。
声をかけてくれていたのかな、、、
もうこの時は身内の声すら全く耳に入りませんでした。

手術室へ入って改めて赤ちゃんの心音が聞こえて
きた時に、ようやく少しだけホッとしました。
「あーーーっ、生きてくれている!!!」

それからはずっーーーと
「おばあちゃん、赤ちゃんを見守っていてください!
お願い!お願い!お願い!!!」ってずっと心の中で
祈っていました。

執刀からはあっという間。ほんの5分ほどで
赤ちゃん誕生!!!
力強い泣き声を聞いた時に久しぶりに深い呼吸を
つけたような気がしました。
涙が後から後から流れてきました。

ところが泣き声を聞いてからが長かった、、、
内科医のチェックがなかなか終わらない、、、
何か異常があったのではないか、、、
赤ちゃんに何かあったのではないか、、、

「元気な赤ちゃんですよ」と言われた時に
ようやく体に暖かい血が流れ始めたような気がしました。
そして出産後、ついに性別を知ることに。
やっぱり男の子だった!!!ヤッター!!!

我が子をはじめて胸に抱いたときの感動は
今もこれからもずっと忘れないでしょう。
細っこい小さな体で全身を使って呼吸している。
あったかかった。とにかくあったかかった。

「元気に生まれてきてくれてありがとう」

こんな感動の出産ではありましたが
傷口の出血がなかなか止まらず
翌日、再度、傷を縫ったり
極度の貧血で2~3日はふ~らふらだったり
帝王切開は大変だったー 
しんどかったーーー

旦那様は赤ちゃんよりも
私の方が死んでしまうんじゃないかと
思ったらしいです。

妊娠するまでも悲喜こもごものドラマが
ありましたが、出産もかなりドラマチックな
展開でした。
命を授かりこの世に送り出すことの尊さを
身をもって知りました。

たくさんのかけがえのない命が
無常にも奪い去られた直後に生まれた命。
息子は私だけでなく親や親戚、
友人知人を巻き込みつつ
明るい未来への「希望」として
私達の目の前に降り立ってくれました。

感動の出産編に続き
バタバタの育児編は追々、アップしていきま~す♪


100tomo














スポンサーサイト

コメント

初コメントしますね

はじめまして!?

出産、大変だったんだね。読んでいてこちらまで感極まってしまいました。私も大変だったけど、それが糧にもなっているかな。
私のつたないブログやっています(汗)
2015-09-07 09:55 | ori #JwYl6WdI URL編集 ]

Re: 初コメントしますね

ブログ上では はじめまして???

出産はホント命がけで、それぞれにドラマがあるよね。

苦労して生んだ子がこんなか・・・(笑)と
思うときもあるけれど、我が子は愛しい♪ 愛しい♪

そろそろブログ復活させます。
暇なときにでものぞいてみてね。
ちょっと照れくさいけれど

100tomo




2015-09-07 13:37 | 100tomo #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomojah.blog123.fc2.com/tb.php/1234-de464544

 | ホーム |